元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ入塾申込
就活お役立ちコラム

就活で名刺は作るべきか?(就活塾 キャリアアカデミー)

2014年9月11日

「就活塾 キャリアアカデミー」がお届けする就活お役立ちコラム

Q.就活で名刺は作るべきか?

A.必要ないでしょう。

よく学生に「名刺は作ったほうがいいですか?」と質問される。私は「基本的には必要ないでしょう」といつも答えている。

理由:
1.年配の方から見ると学生が名刺を持っていることは不自然に感じられるから
2.社会人からすると学生の名刺を求めてはいないから

どうしても名刺を活用したい場合は、マナーを覚えておくことが重要だ。まずルールとして、目下のものから名刺を先に差し出し、その後目上のものが名刺を出すのが基本だ。もし自分の名刺を持っているなら常に先に差し出すことを意識しよう。そして名刺を手渡す高さも大切だ。相手の名刺の差し出した高さよりも自分の名刺は低く出そう。目上の人よりも高い位置での名刺の受け渡しは厳禁だ。

また名刺交換後に面談をしてもらえたら、相手の名刺は名刺入れにすぐにしまうのではなく、相手の名刺は自分の名刺入れの上に置こう。これは、相手の名刺を直接テーブルにおくことよりも名刺入れの上におくほうが丁寧に扱っているという意思表示になるからである。面談中は常に名刺を出したままにし、面談が終わるまで出しておこう。これは礼儀であるとともに、相手の名前を間違えないようにするための方法である。

名刺については、持っていることよりも礼儀を知っていることのほうが大切である。仮にもう作ってしまっているなら活用してみるのはいいが、無理に作る必要はない。

 

就活塾 キャリアアカデミー 講師:林

就活塾 キャリアアカデミーの「無料就活セミナー」
↓↓お申し込みはこちら↓↓
http://goo.gl/DQ5tMG


コラム一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。