元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ入塾申込
就活お役立ちコラム

面接の時アピールではなく自慢になっていないか?(就活塾 キャリアアカデミー)

2014年11月5日

Q:面接の時アピールではなく自慢になっていないか?

 自己PRを書くときや面接で話しをする時に自慢話しになってはいけない。面接で自分を売り込みたいがために、つい自慢してしまう人がいる。これはダメだ。自分がすごいんだ!という話しをするのではない。自分の今までの経験で培ったものを企業でどう活かせるのかをアピールしなければいけない。いい話しに限ったことではない、辛いことでもいい。その経験で得たものや、辛い状況下でどのようにしてそこから抜け出したのかを聞きたい。

 理由は、そこに個性や個人の本質が出てくるからだ。例えば、自分の人脈の話しなどほとんど意味をなさない。「有名な人を知っている、力を持っている人を知っている」などの類だ。すごい人を知っていても、自分がすごいわけではない。おごり高ぶることなく謙虚に自分自身の話しをするべきだ。横柄な人間は会社に入ってからもうまくはいかない。私自身も経験はあるが、自慢話をする人間は気持ちよく話をしているが、周りにいる人間は決していい気分はしない。評価というのは自分でするものではなく、常に他人がするものということも心にとめておいてほしい

 また、これを機会に就活を機会に実践してほしいことがある。それは当り前のことを当たり前にやってほしい。「人と会ったら挨拶をする」「目上の人には敬意を払う」「時間を守る」などだ。これができるだけでもおそらく印象は違うはずだ。内定をもらったばかりの先輩には上記の3つの内容が体に染みついているはず。これに気づくだけでも、就活をやる意味があると思う。

就活塾 キャリアアカデミー 講師:林

就活塾 キャリアアカデミーの「無料就活セミナー」
↓↓お申し込みはこちら↓↓
http://goo.gl/DQ5tMG


コラム一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。