元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ入塾申込
就活お役立ちコラム

面接でのマナー「目線」(就活塾 キャリアアカデミー)

2014年12月18日

以前「見た目」の重要性を説明したが、外見と同じく大切なものとして「目線」がある。話しをするときに、「相手の目を見ましょう」と誰しも習ってきたと思うが、大人になってもできない人は少なくない。相手の目を見ないで話をすると、相手からすれば「自信がないのか?」「やる気がないのか?」「本当のことではないのか?」など疑ってしまう。もちろん、1発勝負の面接では相手の目を見ないで話をすれば、間違いなく次の選考には進めない。それだけ熱意を伝えるのであれば「目線」いうのは大事になってくる。ちなみに、面接の際に面接官が複数の場合、質問をしてくる面接官だけではなく他の面接官にも目を配る必要がある。質問してこない相手にも自分の思いを目を使って伝える必要がある。他の面接官もあなたのことを判断している選考官であることを忘れてはならない。話をするときには必ず相手の目を見て話すことを心掛けたい。

就活塾 キャリアアカデミー 講師:林

就活塾 キャリアアカデミーの「無料就活セミナー」
↓↓お申し込みはこちら↓↓
http://goo.gl/DQ5tMG


コラム一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。