元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ入塾申込
就活お役立ちコラム

面接の最後に「何か質問ありますか?」って何を言えばいいの?(就活塾 キャリアアカデミー)

2015年1月2日

Q:面接の最後に「何か質問ありますか?」って何を言えばいいの?

 面接では色々なことが質問される。代表的な質問には、「自己紹介してください」「志望動機をお願いします」「学生時代一番頑張ったことは?」「他にどんな企業を受けていますか?」などがある。やっとのことでこれらの質問を答え面接の終盤に差し掛かると、意外と最後に聞かれるのが、「何か質問ありますか?」だ。面接に慣れていないと、早く面接を終わらせたいという気持ちから「質問は特にありません」「大丈夫です」などと答えてしまう人もいる。これは大変もったいない。

覚えておきたいのは、面接ではアピールしない時間は無いということだ。すべての時間がアピールタイムになる。面接会場に入る瞬間、ドアをノックした瞬間、質問をされて答えている時、目線・話し方・表情すべてが判断されている。当然「何か質問ありますか?」も学生の反応を見るために、わざわざ質問をぶつけることもあるくらいだ。このチャンスをみすみす逃すことはない。もし「何か質問ありますか?」と聞かれたならば、最低限おさえておきたい答えは2つある。(人からの受け売りではなく、例えば下記をヒントに自分の頭で考えよう)

1つは、前向きさアピール。自分の将来の目標を実現できる会社であるのか確かめる質問。例えば、「私は●●を将来やりたいと考えております。そのために、貴社では○○を新入社員から挑戦することはできますか?」のような、自分の将来のビジョンを説明しつつ前向きさをアピールしている。

2つめは、これまでの面接の中でうまくアピールできなかったことを、最後に改めて説明する。志望動機をここでもう一度説明するようなイメージだ。

以上のことを踏まえ、受ける企業の面接の前にはあらかじめ質問する内容を決めておこう。面接の終盤だからと言って油断してはいけない。事前に準備をしておきたい。

就活塾 キャリアアカデミー 講師:林

就活塾 キャリアアカデミーの「無料就活セミナー」
↓↓お申し込みはこちら↓↓
http://goo.gl/DQ5tMG


コラム一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。