元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

就活の証明写真で気をつけたいこと

5f218849888ceb20f46ebc1d0c940fa7_s

就活では履歴書やエントリーシートで証明写真が必ず必要です。書類選考時に使われる証明写真ですが、写真の良し悪しだけで合否が分かれることは滅多にないでしょう。しかし、全く影響が無いとは言い切れません。今回は証明写真で気をつけたいことについて説明致します。

 

■証明写真の使われ方

b10b5b278bbba29586176aee5306ae77_s

 企業側にとっての証明写真は、応募者の識別やどんな人物なのかを推測するための材料になります。就活に限らないことですが、人は見た目で評価する場合もあるものです。企業の人事担当者は、履歴書やエントリーシートに貼られている証明写真の表情や姿勢、髪型・服装を観察して、総合的に見た目の印象を判断していきます。履歴書に記載されている内容は勿論のこと、字の書き方などから受ける印象で会ってみたいかを判断するケースもあるのです。企業にとって人を採用するのはとても大きな買い物になります。履歴書は車・住宅などの高価なパンフレットみたいなものだと考えてもよいでしょう。
ただ、就活に於いて証明写真の見た目だけで選考の合否が決まるということはありません。証明写真の見た目が優れていることが、大きな評価に繋がることは少ないでしょう。しかし、証明写真の見た目の印象が悪いと、それが減点要素になることは有り得る話なのです。

 

■証明写真は何処で撮る?

では、証明写真はどこで撮ればいいのでしょうか?よくあるパターンは3つあります。1つ目は自分で撮る方法です。2つ目は証明写真機(スピード写真)で撮る場合、3つ目は写真館を利用する方法です。3つあるとは言え、やはりお勧めは写真館です。写真館は値段が高いことが多いのですが、自分撮りやスピード写真よりも高いクオリティが期待できます。使用するカメラのスペックが高く、証明などの設備もしっかりしています。スピード写真と比較すると、その仕上がりの差は一目瞭然です。また、プロが写真を撮ってくれる写真館のメリットは、プロの視点から衣服の乱れや髪型・表情などについてアドバイスを受けながら撮影できる点です。就活生が女性の場合は、就活用のメイクも対応してもらえることが多いです。更に最近の写真館では、画像処理の技術が進んでいるお陰で、写真画像の微修正も可能になっています。例えば、肌色調整・クマ消し・シミ消しといった内容から、ヒゲを目立たなくする・茶髪を黒くする等々、様々な対応が可能になっています。

 

■証明写真を撮る時には

31v413ayz-s-100hs

 実際に就活の証明写真を撮る時に注意しておきたい点があります。それは姿勢には人それぞれの癖があるということです。人によっては、必ず肩が上がってしまうとか、首が左右どちらかに傾いてしまうことがあります。これらの癖は自分で気づきにくいものなので、注意が必要です。証明写真を撮る時の姿勢は、肩のラインを水平にするように意識して、力を抜いて撮影すると良いです。また、撮影する時には、しわのないスーツ・アイロンのかかったシャツを準備しておきましょう。プロがいる写真館でも、スーツやシャツのしわを修正することは流石に厳しいです。
写真館で撮影した時には、写真のデータを必ず貰うようにしましょう。別料金の場合が多いと思いますが、必ず購入しておきましょう。写真データがあれば、オンライン上のエントリーにも対応できますし、必要に応じて自宅のプリンターで印刷も可能になります。就活をしていると、予想以上に証明写真が必要になることがあります。何度も撮り直すのは面倒ですし、時間がもったいないです。

■まとめ

 如何だったでしょうか?たかが写真、されど写真です。就活は多くの事に気を遣いますし、様々な準備をする必要があります。時間が無いからといって適当に証明写真を準備せずに、今回紹介した内容を参考にしてみて下さい。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。