元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

9月卒業の就活生の現状

2a0d11c3d0de488ccafba22a07b1a306_s

 

留年や留学などで、大学(院)や専門学校の卒業が半年伸びることがあります。3月を越えた9月卒業の場合、就活はどのようなスケジュールで動いていくのでしょうか?

4月入社と10月採用の2種類がある

0b8bd904aa54acd98e543d9f36791278_m

9月卒業の学生は、翌4月に社会人となる学生と同じ新卒の扱いで採用試験を受けることができます。ただし、卒業した9月から3月までの期間は履歴書が空白になってしまいます。そのため、卒業してすぐ入社を希望する9月卒業の学生もいます。その場合の就活は、9月卒業者用求人へ応募することになります。これは、卒業する前の年の12月頃からエントリーなどの就活を始めることになります。入社は卒業直後になる場合もあれば、内定が出た後、インターン期間を経て4月に正式入社という場合もあり、企業によって異なります。

 また、転職サイトでは、秋採用の求人が出されていることがあります。経験不問で募集をかけている企業もあるため、9月卒業の場合はそちらの求人も視野に入れて就活するのもよいかもしれません。

働き方が多様化していることを知ろう

ひと昔前までは、就活して最初に採用された会社で定年まで勤めるのが一般的でした。また、女性は結婚を機に退職することがほとんどでした。ですが、現代の日本ではそうしたことが当たり前でなくなりつつあります。スキルアップや理想のキャリアプランのために転職したり、一度仕事から離れた女性が子育てを終えてキャリアを再開させることが珍しいことではなくなっています。フリーランスやダブルワークといった働き方さえ世間に認知されて始めているのは、それだけ働き方が多様になった証でしょう。9月卒業も、少し以前までは特別なことのようにとらえられたかもしれませんが、今では就活の選択肢も広がっています。3月卒業とは異なる経験や体験を生かして、就活に臨むべきです。9月卒業を引け目に感じることなく、むしろ秋卒業のメリットや優れた点を打ち出していきましょう。

9月卒業をハンディキャップと思わない

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

9月卒業は日本の通例と異なるため、マイナスにとらえてしまいがちです。ですが、就活は長い社会人生活の第一歩にすぎません。小中高と大学生活までは、およそ同世代と足並みのそろった生活だったかもしれませんが、社会人になれば、出世や昇給のタイミングは人それぞれですし、転職する人もいます。長い目で見れば、9月卒業は就活におけるハンディキャップなどではなく、一つの個性にすぎません。それを良いものにできるかどうかは、秋卒業という立場で学業に対してどのように取り組んできたのか、また就活にどのような姿勢で取り組んでいるかを、企業に示すことができるかどうかにかかっています。どのような理由で9月卒業になったのか、またその環境でいかに努力を重ねてきたのか、それをしっかりアピールしましょう。

焦らず自分に合った就活を見極める

9月卒業の後、すぐに入社して仕事をするのか、4月入社と同じく足並みをそろえて就職したいのか。就活する前によく考えましょう。今の日本では3月卒業が圧倒的多数のため、周りの勢いに流されて焦りを覚えるかもしれませんが、自分が今後どのように働きたいのかをきちんと考えるようにして下さい。そうすれば自分に合った就活のやり方が見つかるはずです。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。