元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

就活で死にたいくらい追い詰められたときの対処法

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_m

 

就活では時にアイデンティティを否定されることもあります。内定を得るまでには企業に断られ続け、死にたいと精神的に追い詰められることもあるでしょう。そのような時はどうしたらよいのでしょうか。

溜め込まないことを第一に考えましょう

d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_m

 就活はストレスの連続なので、つらい、死にたいと思うことは特別なことではありません。逃げ出したい気持ちになっても、決して精神的に弱い人間というわけではないことをきちんと認識しましょう。真面目に就活に取り組んでいる人ほど、死にたいと思ってしまうほど追い詰められてしまう場合があります。

 対処法ですが、もしも相談したり愚痴をこぼせる相手がいたら、どんどん話すようにして下さい。うまくいかなくて落ち込んだこと、内定がなかなか決まらず自己を否定されているような気持ちになること、些細なことでも話せる相手がいたらまずは話を聞いてもらいましょう。人に話すことで、自分の心の中も整理できます。自分一人で抱え込まず、人に話すことで悩みを解放する、これは非常に大切なことです。

専門家に相談することを恐れない

 誰にも就活の悩みを話せない場合や、死にたいという気持ちが恒常的な意識になってしまった場合は、心療士や大学のカウンセラーなど、心理の専門家の力を借りることもできます。クリニックに行くことは敷居が高く感じられるかもしれませんが、学内のカウンセラーや自治体の相談窓口なら、多少は敷居が低いかと思います。精神的にひどく追い詰められてしまうと、時には友人や家族の助けではなく、専門家の協力が必要な場合があります。赤の他人に話す方がかえって気が楽なことはたくさんありますし、彼らは話を聞くプロです。プロに話を聞いてもらうだけでまた就活を頑張ろうと思えるかもしれません。死にたいと思うこと自体は異常ではありませんが、それが長く続くと心が蝕まれます。「無理をすること」と「努力すること」は異なるということを理解しなければなりません。

就職活動は人生のすべてではない

2d75ff0b1d79001018f2b204710e84c0_s

 就活を続けていると、ついそれが人生のすべてのように思え、失敗すると死にたいと思いつめてしまうかもしれません。ですが、就活は人生のすべてではありません。今の時代、同じ会社で定年まで勤める人もいますが、数回にわたって転職する人もまた、珍しくありません。大学を休学して自分を見つめ直す人がいるように、仕事を一度やめて充電期間を置く人もいます。これはネガティブな想像ですが、念願叶って入社した会社が倒産して、再スタートを余儀なくされる人もいるのです。
 就活に成功したからといってその後すべてが順風満帆にいくわけではないように、就活に苦労しても人生が行き止まりになってしまうわけでは決してありません。
 もし万が一、新卒の就活に失敗したとしても、人生をそこで終わらせる必要はどこにもないのです。死にたい、と考える前にどうかもう少しだけ、視野を広げてみて下さい。

欠点を含めてこその自分の人生だと考える

 就活がうまくいかないのは、もしかしたらあなたの欠点が原因なのかもしれません。ですが、その欠点は死にたい、死ななくてはいけないと思うほど人に迷惑をかけるものでしょうか。自分はダメな人間だという思い込みのループにはまる前に、振り返って考えて下さい。短気は「思い立ったらすぐ行動」、マイペースは「熟考型」、履歴書に書く時はそのようなポジティブなものの見方をしますね。あなたが働くべき企業はきっとあります。そこへ到達するためにも、心がSOSを出していたら、ためらわず専門家に相談するようにしましょう。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。