元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

【気になる企業の探し方】インターンシップ情報を手に入れる方法4選

a6a46ac864ba887d6599f234d8ba509e_s

業界・企業研究や就活軸決定のヒントになるインターンシップ。各企業の開催情報はどうすれば調べられるのか、リサーチ術をお伝えします。

 

 

1.就活サイトで手軽に探す

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_m

 一番簡単に情報が手に入るのは、就活サイトでの検索です。いわゆる「リクナビ」や「マイナビ」といった大手就活サイトでは、本格的に就活が解禁となるまでの夏~翌年春先までの間、インターンシップについての情報を主に掲載しています。業界別、キーワード別というオーソドックスな検索方法のほか、選考の有無別や開催期間・日数別といった様々な条件での検索が可能です。「就活を始めたばかりでまだどうやって良いかよく分からない」、「どのような業界や企業があるのかよく知らない」という方はこれらのサイトを利用するのがお勧めです。少しでも興味のあるインターンシップを見つけたら、どんどんプレエントリーしてみましょう。 但しこれらのサイトは気軽に情報検索が出来る一方、膨大な数のプログラムが掲載されているため、情報の精細さには多少欠ける面があります。各インターンシップについてより詳しく知りたい方には、以下3つの調べ方もオススメします。

 

2.企業説明会に参加する

bb83778e0d05911a54d3489d80d362a2_m

 もう少し詳しい情報を得たい場合は、様々な企業が集まる合同説明会に参加してみましょう。前述した就活サイトと同様、就活の本格開始時期までは合同説明会もインターンシップをテーマにしたものがいくつか開催されます。出会える企業数は就活サイトより減少しますが、その分各企業のブースにて担当者の方からじっくり話を聞くことができます。どのブースでも、実施するインターンシップについての企業側からの説明があった後に質疑応答の時間が基本的に設けてあるため、疑問もすぐに解消できます。また、インターンシップ情報の他にその企業が所属する業界や企業自身についても簡単に説明してくれることが多いです。インターンシップだけでなく、その後の採用試験受験先をも見つけるきっかけになるかもしれません。学校が休みの土日や休日に開催されることが多いため、時間のある方は一度足を運んでみては如何でしょうか。

尚、これらの合同説明会自体の開催情報は前記就活サイトでの広告や、学校前で配られるビラにて得られることが多いです。業界別や地域別など特定テーマの下で実施される合同説明会もあるため、時間と会場までの距離を考慮して来場してみましょう。

 

3.知人からの紹介で非公開のインターンシップを見つける

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

非公開のインターンシップも、大企業から中小企業で行なわれています。公に公開されているインターンシップよりかは企業数が少ないですが、知っている人しか参加できないというプレミアム感もあり、その分参加してみる価値が高いものが多いです。これらの情報収集の手法としては、大学やサークルのOBやゼミの教授から情報を得たり、公のインターンシップで評価が高かった学生だけに連絡が来て情報を得られるといったことが代表的です。就活において、企業研究や面接の練習も大事ですが、人脈を作り、情報収集を怠らずにチャンスを得ることも大切でしょう。

非公開インターンシップの内容は、公開インターンシップより業界の現状に迫ったものが多い傾向にあるようです。私が参加した非公開インターンシップは、広告代理店の仕事を2ヶ月の長期間で体験してみるというものでした。広告代理店の実際の仕事を、社員さんとチームを組んで一緒に行なっていくため、広告代理店の仕事の理解にも繋がりましたし、実際に自分がどう広告業界に貢献できるのか、辛いときはどのように乗り越えたら良いのかという、具体的に働きことを考えられるようになりました。非公開だからこそ、業界の表側と裏側を体感することが出来た良い機会でした。

 

4.目星の企業は公式サイトをチェックする

2a3e60649c2b750f1e3fef0e590973f4_s

 既に特定の企業に関心を持っている方は、その企業の公式ホームページを覗いてみましょう。まずは目星の企業がインターンシップを開催する予定があるのかを調べ、実施予定があればすぐに申し込みましょう。勿論就活サイトの検索からでも申し込みが可能な企業が殆どですが、公式ホームページからの申し込みの方が早く返事が返ってくることが多いです。掲載情報の詳しさについても、一般の就活サイトよりはるかに充実しているため、お目当ての企業がある方は企業研究の意味でも公式ホームページに目を通しておくことをお勧めします。この方法で情報を得る場合は、各企業の公式ホームページにアクセスした後、企業情報という項目中の「採用情報」ボタンをクリックしましょう。インターンシップやその他就活生用の情報が載るページに飛ぶことができます。

 

使えるものはフル活用しよう

103a06a9ad95059c0b121ff3d74ad2cb_s

 今回は基本となる情報取得術を紹介しましたが、インターンシップの探し方は他にもいろいろとあります。先輩に体験談を聞いてみる、学校経由で応募できるものを探してみるなど、自分の手足を動かして情報をどんどん集めましょう。そうして集めた情報はインターンシップのみでなく、その後の進路決定にも大きな糧となるはずです。インターンシップ探しをきっかけに、悔いのない就活への一歩を踏み出しましょう。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。