元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

○万円節約可能!!就活での交通費の抑え方と就活節約術

dennsya

就職活動が本格化してくると毎日外を歩き回るので、交通費や食費といった出費が増えていきます。就活性として大切な身だしなみに関する費用もかかってくると思います。しかし、就活真っ盛りの時期は、アルバイトをしている余裕がないので、必然的に節約をしなければいけなくなってくるでしょう。今回は就活中の節約方法をお伝えします。

 

交通費

de56882a895468fab644dfdbab78eed0_s

就活で一番お金がかかるのは交通費です。多くの企業が都心で説明会を行う中、都下や都外にある大学に通う学生の交通費は膨大なものになります。交通費は、首都圏の就活生で約10万円、地方の就活生で約30万円程度かかると言われています。どのように交通費を節約すればいいのか。

1.電車を使わず歩く

当たり前のことかもしれませんが、すぐ電車に乗らず、歩くことで節約になります。都内の電車間は、距離が短いところもあり、15分~20分ほど歩けば、次の駅に到着することもできます。一駅分歩くだけで、電車賃を浮かすことができ、それを積み重ねると意外と大きい金額になることもあります。また、歩くことで気分がリフレッシュできます。就活中は運動不足になりがちなので、時間に余裕があるときはなるべく歩いた方が健康的にもいいと思います。

2.説明会や面接を、近くの場所で組み合わせる

例えば、一社目の会場が新橋だとしたら、二社目も新橋となる自宅から新橋間の往復の交通費を一回分浮かせることができます。

3.通勤定期券や回数券を買うこと

一般的には通学定期だと一月当たり8往復以上でモトがとれる計算になります。また回数券は10回分の値段で11回乗ることができます。ぜひ計算をして、定期や回数券を買った方がいいのかを考えてみましょう。

4.LCCの活用

地方の就活生だと説明会や面接のため、東京や大阪へ向かうことが必要でしょう。その際、交通費の出ないケースもあるので節約したいものです。そのため、ぜひ活用したいのがLCC、格安航空会社です。地方の就航地が札幌、福岡、沖縄などに限られます。しかし大手航空会社と比べると半額以下の値段で航空券を買えるため、大きな節約になります。またLCCでさらにお買い得な航空券を買う方法があります。FacebookやLCCのメルマガで LCCのセールを把握し、札幌成田間で3,000円程度の航空券をゲットすることです。セールは週末や連休に多く行われる傾向です。大手航空会社ではこのようなセールが少ないです。事前に計画を立てて、LCCをフル活用することで大きな節約になります。

5.高速バスの活用

地方の就活生の味方、夜行バス。新幹線などの高速鉄道と比べると半額以下で同じような区間を移動できます。例えば、東京大阪区間が新幹線で往復約25,000円である一方、夜行バスでは往復10,000円以下が多いです。夜行バスを使うことで10,000円以上の交通費を節約できます。LCC同様夜行バスもセールがあるため、定価の半額以下の価格で移動出来るケースも多くあります。夜行バスは比較的狭い空間であるため、疲れやすいなどのデメリットがあります。しかし、寝ている間に移動し、起きている間に十分時間が活用できるという考えもあります。大変お得です。またLCCや新幹線とは違い、高速バスでは就活応援キャンペーンが多いです。乗車券の割引に限らず、特別ラウンジの利用券を就活生に提供するところもあるようです。

 

食費

2fb28f5a653868de9ef50b21a880c0ab_s

就活では外食が増えてしまいます。お弁当や水筒を持参することが大切です。大体、食費は面接と面接の間の昼食に費やされるのではないでしょうか。昼食ならば、フリースペースを探して食べると良いでしょう。例えば、新宿パークタワーの8階には、自由に誰でも利用できる休憩ラウンジがあるそうです。駅ごとに事前に把握しておけば、無駄はなくなります。ただ、ランチタイムは社会人でフリースペースが埋まってしまうため、早めの場所の確保が必要です。

OB訪問を昼食時に行なうということです。私は、OB訪問を行なう際は、社会人の方に予定を合わせていたのですが、ランチタイムに昼食をご馳走になりながら行われることが多かったのです。これは、学生側から意図的にランチタイムにOB訪問を設定するのは失礼ですので、相手がランチタイムを指定してきたらラッキーと思う程度にしましょう。

近くの大学の食堂で学食を食べることです。学食は、量が多いわりに値段が安く、コストパフォーマンスが良いですよね。都内で外食をすると、結構値段が高いものが多いため、学生ならではの特権である学食を利用してみましょう。

 

身だしなみ

6b7497b34f747add129b17723554e1f2_s

就活における身だしなみとは、大きく分類すると、スーツ・カバン・靴・髪といったものがあります。スーツ・カバンは、一度買ってしまえば長く使用できますね。就活の時期に、スーツ会社から配布されるクーポンなどを使い、1回の買い物で安く質の良いものを買うことが良いでしょう。下手に、元値が安いものを買い、後々すぐに糸がほつれてきたり、傷んできてしまうと、また購入費用がかかってしまいますので、1回の買い物で慎重に吟味して購入しましょう。次に、靴です。私は、個人的な身だしなみが目立たないであろう説明会用の靴と、個人的な身だしなみが隅々まで見られる面接用の靴を使いわけていました。やはり、靴もずっと履いていると、汚れたり傷んできたりします。そこで、前者は安価な靴、後者は高価な靴といった使い方をしていました。最後に、髪です。髪は、長髪を切ったり黒染めをしたりすることを指します。その際、美容院に行くと費用がかかりますが、カットモデルやカラーモデルとして行くと、費用が無料になることがあります。私は、カットモデルやカラーモデルとして美容院に通い、就活中に清潔感を保っていました。評判の良い美容院に行けば、例え、見習いの美容師さんだとしても出来は充分満足できますので、オススメです。

 

細かい出費にも意識を向けること

就活は長期戦ですので、数ヶ月間細かい努力を重ねていくと、出費に変化が出てくるでしょう。歩くことはめんどくさい、お弁当は重いから嫌だといった気持ちはあると思いますが、後々、自分の首を絞めることになってしまいます。早めにコツコツと節約術を実践してみましょう。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。