就活でストレスがたまる前にすると良いこと|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

就活でストレスがたまる前にすると良いこと

就活生へのアドバイスAdvice

就活でストレスがたまる前にすると良いこと

就活では、面接やOB訪問において目上の人に気を使ったり、慣れない就活生としての服装やふるまいに戸惑い、ストレスを感じることが多々あると思います。
また、就活は1回の面接で合否が出るわけではなく、数回に渡って選考を行なうため、長期間緊張が張り詰めることもあります。
このような状況のときは、もちろんストレスをためすぎないことが重要です。
以下に、ストレスをためないための手法について述べていきます。

人と話す

0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_s

この、「人」というのは、友人でも家族でも先輩でも、誰でも構いません。就活は、ESでもグループディスカッションでも面接でも、根本的には個人のパフォーマンスを評価されます。そのため、個人戦になりがちで、孤独感を感じたり、悩みを相談しにくかったりすることがあると思います。そのような場合、解決しないことに関して一人で迷走しすぎても時間の無駄ですし、自分に負担がかかり、ストレスもたまりやすくなります。そこで、思い切って人に話すことによって、自分が悩んでいたことがくだらなく思えてきたり、他人も同じ思いをしているんだと知って安心したりといった、プラスの効果があるでしょう。何でもベラベラと話す必要はありませんが、悩みごとがあったり、嫌なことがあったりしたら、人にまずは話してみると良いと思います。

一旦、好きなことをやる時間をつくる

就活は長期戦ですので、ずっと就活を朝から晩までやり続けるという方針はオススメしません。就活の合間に、自分がリラックスできる時間を作りましょう。やはり、自分の好きなことを行なっている時間は、リラックスしながら楽しむことができると思います。このように、就活においてオンとオフのメリハリをつけることは、長期間のモチベーションを維持する上で非常に重要となります。ずっとオンのままでピリピリした期間が続き、最終面接でストレスから体調を崩し、面接に行くことができなかったとなってしまえば、それまでの努力が水の泡となってしまいます。自分のストレス耐性を意識しながら、的確なタイミングでオンとオフの切り替えを行ないましょう。

生活リズムを整える

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

生活習慣とは、睡眠時間や食事の習慣を示します。上記の2点よりも、根本的に重要となってくるのは、これです。生活リズムが崩れていると、ホルモンバランスなどにも影響が出て、体調や精神面に支障をきたすことがあるでしょう。その結果、ストレスに繋がることがあると思います。ただ、これは個人差がありますので、自分が最大のパフォーマンスが出せる生活リズムを知っておくこと良いですね。例えば、夜型の人が早朝から面接の予定を入れてしまうと、生活リズムが崩れ、万全の体調、万全の気持ちになれず、思い通りの面接にならない恐れがあります。この場合は、夜型を朝方に変えるか、面接の前日は普段よりも早めに寝るといった調整を行ない、準備が必要となるでしょう。ストレスをためないためには、このような計画的な行動も必要となるので、気を付けましょう。

ストレスは就活を妨げる

いかがでしたでしょうか。ストレスをためていると、様々な場面に影響が出て、就活で納得のいく結果にならない恐れもあります。よって、自分に合った最適な手法でストレスをためるのを防ぎましょう。そうすることによって、就活もポジティブに楽しく乗り越えられるかもしれません。