元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

就活時のメールの返信マナー

0764ae120b8eb305d1a6fcad8ab3c2f3_s

就活中で思わぬ障害になりやすいのがメールの返信です。メールの返信の仕方というのは意外と知らない人が多く、就活中において大きな壁になってしまうことがあります。返信をする際に意識をした方が良いことを紹介します。

 

LINE等に慣れてしまっている人は特に注意

86c0f9226667620106f6419b1357da30_s

LINE等をしている人というのは、挨拶もなしにいきなり用件に入ることに対して抵抗感を持たないことが多いです。いきなり用件に入れるのがLINEの良いところでもありますが、マナーという面で就活では大きな足かせになってしまうことがあるので注意が必要です。

就活でメールを送っていく場合には、必ず毎回 相手の会社の名前、担当者名(会社名は場合によってはなくても良いですが、担当者名はしっかりと記載していくことが必要です)を記載していきます。最初だけで良いと考えてしまわず、返信をするたびに、記入をしていくのが一般的なマナーになります。

また担当者名を記載していく際に「さん」ではなく「○○ 様」にしておくのが無難です。「さん」であると身近な存在のイメージを与えてしまい、人によっては不快感を覚えてしまうことがあるので注意が必要です。

就活のメールでLINEのようなやり取りをしてしまうと、ほぼ間違いなく「非常識」と捉えられてしまいます。しっかりとマナーを意識して変身をしていくことが必要です。

 

 

「お世話になります」はとても活用しやすい言葉

 

就活のメールの返信をする時に意識をしておきたい言葉のひとつに「お世話になります」があります。書き出しというのは重要であり、この「お世話になります」という言葉があるとないでは相手に与える印象が変わってきます。「こんにちは」や「夜分遅く失礼します」等も時と場合によっては入れたほうが良いこともありますが、多くの場合「お世話になります」で対応していくことができるでしょう。

 

また就活のメールの最後には「よろしくお願いいたします」という言葉を入れておくととても丁寧になります。返信時には常にこの文脈を入れておくと、それだけで相手はスムーズにメールを受け取っていくことができます。

「失礼いたします」等も丁寧ではありますが、「よろしくお願いいたします」以上の効果を持つことはないので、あえて利用をしていく必要はそれほどないと言えます。

 

必ず自分の名前、所属を名乗ること!

 54f2cee348b9ab87d5d7e4a48d1815f8_s

電話マナー等でも同様のことが言えるのですが、就活のメールの返信時には必ず自分の名前(在学中であれば学校名+名前がベストです)を記載しておくことを忘れないでください。ついつい挨拶や用件を記入して、安心してしまい、自分の名前を記載し忘れてしまうことが多いですが、名前がないと相手先にとっては大きなストレスになってしまいます。挨拶と名前は最初に記載するという癖をつけておくべきです。

「お世話になります。○○です」という一連の文章を癖にしてしまえば、大きく間違えてしまうことはないでしょう。

 

就活時のメールの返信の仕方というのは、手紙を書くことがほぼなくなった現代人にとっては大きな関門になりがちです。またLINEが流行ることで、よりマナーを意識しないようになってきている傾向があります。心配であれば「手紙」の書き方をしっかりと勉強していくことをオススメします。

 

メールの返信マナーは必ず覚えること

就活中だけではなくメールの返信マナーというのは社会人になって必須になる知識です。これがしっかりしていないと、社会的信用を得ていくことが難しくなる業種は数多くあります。一度覚えてしまえば、それほど苦労するものではないので、就活時をきっかけにしっかりと覚えてしまうことをオススメします。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。