役員面接の傾向と対策|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

役員面接の傾向と対策

就活生へのアドバイスAdvice

役員面接の傾向と対策

アドバイス

就活において重要な局面となる役員面接。役員面接の突破率を上げる対策を紹介したいと思います。

 

役員面接の位置付け

80038f509216bfd91640397c79ec1714_s

 通常役員面接は、最終もしくはそれに準ずる状況で設定されます。企業側にとっても就活生にとっても最終的な確認を行う場となることが多いということです。役員面接に到達する前には人事や現場社員を越えてきているはずです。つまり彼らの推薦あって、役員面接に挑めているということなので、まずは自信をもって挑みましょう。ただし、一次面接や二次面接の相手が人事や現場社員の時とは違う対策が必要となります。なぜならば見られる視点が少し違うからです。現場社員や人事は、一緒に働きたいか、この会社があっているかなどを見てくれます。一方、役員は会社の経営者側の人間(社長も同じ)です。こいつを雇用することが会社の利益に繋がるかどうかという視点で評価します。経営者がどういう人材を今後必要とするのかまでしっかりと考えることができると良い対策になります。

 

役員面接の例(社長を含む)

 実際に合った役員面接の形式の例を紹介します。対策を練る参考にしてください。某大企業では、事実上の最終面接で役員の方が出てきました。ステップとしても一次は現場社員、二次は人事、最終は役員という形で順当に役職も上がっていきました。面接は一対一の30分。自己紹介の後、10分間はこちらから質問をする時間が与えられました。そしてなぜその質問をしたのか聞かれました。また一次二次の質問の繰り返しや雑談のような質問も受けました。そして最後にまた逆質問です。偉ぶった感じはなく印象が良かったのを覚えています。他の企業でも同じようなステップで進んで役員面接が最終にくるところがいくつかありました。どこでも大きな差はなく、上記のようにこちらから質問する時間が比較的多く設けられていると感じました。また緊張をほぐすためかわかりませんが、思ったよりもフランクに話してくれる方が多かったです。あまり大きくない企業では社長がでてくることもあります。自分が受けた所では社長とはほぼ雑談だけで終わったところもあります。聞きたいこともたくさんあるかもしれませんが、状況に応じて相手に合わせていく配慮も大切だと思いました。

 

役員面接のコツ

5f931e0770ccfb9f47856fb2a76299b3_s

 役員面接の対策として、受けている中で感じたコツを紹介したいと思います。まず質問は事前に面接時間が持つくらいには用意しておきましょう。レベルが低い質問はNGです。一次二次なら許されますが、役員面接ではもっとコアな話を聞き出しましょう。用意してただ上から質問するというのもNGです。適切なタイミングで質問する必要があります。そのため質問は項目ごとに整理し、質問から質問へと移りやすいようにしましょう。そうすることで流れを作ることができます。自然と会話が弾みます。

 役員面接と聞くと、緊張が高まってしまいますが、なるべく普段の自分を出せるようにしましょう。役員とは言え、一人の人間と言い聞かせ、面接が始まったら変に意識し過ぎ方が良いと思います。緊張して硬くなってしまうより、自然体を見せられた方が印象もいいはずです。あいさつや動作はきちっと礼儀正しくかつ新人らしく元気にというのは忘れずに。

 

最後まで手を緩めない

 一次二次で会社のことは結構調べたし、役員面接の準備はいらないだろう、といった過信は絶対しないでください。やはり入念な対策は必要です。内定まであと一歩のところまで落ちることがないように本番だけでなく準備から全力で挑んで下さい。