役員面接・最終面接での合格率をあげるためには|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

役員面接・最終面接での合格率をあげるためには

就活生へのアドバイスAdvice

役員面接・最終面接での合格率をあげるためには

役員面接は単なる入社意思確認の場などではありません。合格率は5割を下回るといわれています。ではここで命運がわかれる理由はなんなのか?今回は役員面接で合格率を上げるポイントについてご紹介いたします。

 

今までの面接とどこが違うのか

55f200979fd4c628d0fab48c23838ce7_s

 

今までの面接と一番大きく違うのは、面接官の見るポイントです。一次面接や二次面接は、自分の言葉で話せ、コミュニケーション能力があり、入社意志がある、といった基本ポイントで合格点が採れた段階。役員面接では、さらにその中から自社にふさわしい人物かどうかを見極め、絞っていく段階といえます。ここではあまり小さなことは合格率にはかかわってきません。最大のポイントは企業の価値観に合っているかという点。企業の価値観、すなわち面接官である社長や役員の価値観です。これから自社の社員として一緒に働いてもらうために、これは企業側にとってとても重要なことなのです。これまでの面接と同じやり方では、役員面接の合格率をあげることはできません。価値観があなた方と同じ、という点を効果的にアピールできなければ負けなのです。

 

合格率をあげるためには?

 

役員面接の合格率アップに一番大切なのは、決定権のある人を見極めること。そして、その人に向かってアピールするということです。これは意外と重要なポイントです。例えばもし面接官の中に社長がいれば、社長を中心にアイコンタクトして話しましょう。そして、自分が企業の価値観に合っていることをアピールします。社長のメッセージや企業の方向性、ポリシーなどをとことん調査し、企業のビジョンや社長の考え方を理解しておきましょう。そして、入社の意志や熱意を伝える際には、過去の経験を話してきた今までとちがい、未来に向けたアピールをすることをこころがけて。「学生時代の〇〇の経験をいかして貴社の△△に貢献したい!」といった感じで、具体的な事業内容を盛り込むとさらに合格率アップ間違いなしです。さて、役員面接の成功の秘訣、わかっていただけましたか?

 

ウソでも迷わず「第一志望」という

860f4c9f83e13859785de2d9dc140836_s

 

役員面接は最終面接ですから、必ず入社意志について聞かれます。「こちらが内定をだしたら断らずに来るか」という確認ですが、この質問への答え方は合格率に大きくかかわってきます。迷うそぶりをみせず必ずはっきりと入社する旨を伝えます。第一志望かと聞かれれば、もしそうでなかったとしても第一志望だと言ってのける心構えでいてください。ここだけは、正直になる必要はありません。また、役員面接ではあなたという「人物」を見極めようとしていますから、あまり緊張しすぎて社会人としてふさわしくない言動をしないように注意してください。難しいかもしれませんが、落ち着いてうまく会話のキャッチボールを進めることが合格率につながります。ちょっとしたミスくらいでは慌てず堂々としていてください。そのためにも、役員面接の前には、本当にその企業が自分に合っているかを再度確認し、入社意志を固め、自信をもって臨めるようにしっかり準備しておきましょう。

 

内定をもらうための最後の難関!

 

役員面接の合格率は、役員たちの好感度に頼るとろこが多いことを知っておきましょう。あ、この子いいな。などといった一言が決定打になったりします。ですから面接官のうちの誰にアピールするか、はとても重要です。そして価値観が同じであると、好感度が上がるのは普通の人間関係と同じです。企業の価値観と自分の考え方について、掘り下げた準備をしていってください。そして最後の「うちに来てくれるか」という質問には、胸をはってハイ!と答えるように。堂々と落ち着いて、企業のトップと過ごす時間を楽しめるくらいの気持ちがあれば、きっと内定があなたのところに届くことでしょう。