元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

ドイツのインターンシップ事情とは

0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_s

 近年、ドイツのインターンシップに注目が集まっています。ヨーロッパの中でも経済的に安定しており、技術大国としても知られるドイツ。今回は、そんなドイツのインターンシップ事情について説明していきたいと思います。

ドイツの魅力

624cb74d20a869a9303385575d63e168_s

 ドイツは安定した経済状況が続いており、治安の良い都市が多く法制度の面から見てビザが取得しやすい国の1つです。また、ドイツは先進国の中で比較的物価が安いという点も、暮らし易さという意味において重要なポイントと言えます。また、高水準でありながら低コスト教育が確保されている国でもあります。また、ドイツ国内には有能な講師を抱える語学学校も数多くあり、効率的に語学習得するには最適な環境が整っています。
ドイツはワーキングホリデービザを取得できる国の1つになっています。また、語学力や就労経験を生かしたマーケットも成熟しています。専門スキルを磨いて語学力を高め、それらを生かす場としてドイツでの就職やインターンシップ体験が脚光を浴びているのです。

インターンシップ事情

 ドイツでは若者が将来の仕事を選ぶため又は見聞を広めるため、興味のある職場で職業研修をするのが当たり前になっている背景があります。実際にドイツの中学校や高校でもこの職業研修が必修になっているところも多くあるのです。ドイツ社会の中で職業研修すればドイツ語のスキルもアップし、日本では経験できない様々な事を経験できます。インターンシップを通してドイツの文化やドイツ人の価値観も理解できる様になるのです。また、違う国の人と一緒に働く事で、グローバルな視点で物事を見る力も養われます。
募集中のインターンシップの情報は、様々な企業のホームページや求人・求職情報検索サイトで見付けることができます。インターンシップに空きが出ると多くの希望者が殺到するので、実際にインターンシップへ参加するまでにかなり時間を必要とすることもあります。
ドイツでインターシップを考えている際に、どの程度のドイツ語スキルが必要だと思いますか?必要なドイツ語スキルは、研修をする職業によって違いがあります。農業やパン屋といった分野であれば、語学力はあまり要求されないケースもあるかも知れません。そういった分野では、語学力よりも興味・技術の方が重要になります。また、ドイツの学校で日本語や日本文化を教える場合でも、日常会話ができる程度のドイツ語力で大丈夫なケースが多いです。しかし、IT・金融・商社などのドイツ企業になると、そうはいきません。中級以上のドイツ語スキルが無いと、コミュニケーションを取っていくのが難しくなります。

インターンシップと語学留学

a1504a71fc1c193e851481aef2fcb209_s

 ドイツ語を話す人口は、欧州連合(EU)内で約1億人いると言われています。EU域内では英語に続く言語という認識から、第2外国語として学ばれている背景があります。インターンシップに続いて留学をする場合では、ドイツの生活に馴染んで言葉にも不自由していないはずです。インターンシップを事前に体験することは、留学生活のスタートがスムーズに感じられるメリットもあるのです。インターンシップを利用する55%以上の人が語学留学を利用しているというデータもあります。語学留学で満足のいく結果が得られなかった人がインターンシップを利用している背景もあるのです。

まとめ

 如何だったでしょうか?世界言語の英語に次いで重宝されるのがドイツ語です。その為、語学力を上げることを目的してドイツのインターンシップに参加する人も増えています。これからの時代、ドイツ語を身に付けておくことに大きなメリットがありそうです。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。