元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

就活に簿記は役に立つ?その他有利な資格はあるの?

0998906e464b3ada5aadc2e95cb3b11c_m

就活で「簿記」は役に立つのでしょうか。またその他の資格は役に立つのでしょうか。

 

 

就活で有利になる資格はあまりない

正直にいって資格があるから就活が有利に進む、といったことはありません。ただ資格は自分の技術を明確に表すことができますから、持っていても損ではありません。しかし、就活を有利にするために資格を採る必要は全くありません。とは言っても多少は有利に働く資格もあります。

まず1つは「簿記」です。経理を目指す人はきっと役に立つでしょう。また事務職を受ける方は秘書検定やMOSも役に立つかもしれません。外資系の企業を受ける方はTOEICや英検、TOEFL iBTを持っていると良いです。企業によっては聞かれる場合もあります。

資格が有利になるのはこの程度です。資格の欄が空欄になってしまうのが嫌な方は今挙げた資格を取得しても良いかもしれません。しかし、「簿記」があるから就活が上手く進む、ということはほとんどありません。

 

不利な資格ってある?

caf8ac89110cc9fc884bf27929f67344_m

資格の欄が書くことがないからとりあえず持ってる資格を書こう!というのは大きな間違いです。もしどうしても書きたいのであれば就活生としてではなく社会人レベルの資格だけにしましょう。自分の価値を下げる資格は書かない方がよいということです。例えば「秘書検定3級」「簿記3級」「漢字検定3級」などです。基本的に簡単に取れる資格は誰でも取れる資格なので書かないことをオススメします。就活のためにとりあえずの資格を取ることは意味がないことなのでやめましょう。

 

就活で評価される「資格の見せ方」

725f9fdcde9c362ff32dcfaf496a51a7_m

ここまでのところで資格が大して就活には必要ないということは分かっていただけたかと思います。ただ、エントリーシートに書けるレベルの資格を持っているのであれば見せ方次第で自分の武器にすることができます。実際に私も武器として使っていました。では資格を武器にする方法を伝授いたします。まずNGな例です。「私は簿記1級を持っています」この発言だけでは、面接で会話を広げることはできません。ではどのような見せ方がよいのでしょうか。「私はサークルで会計を任されていました。100人もいるサークルで精度が求められました。会計の仕事をしているうちにもっと専門的に学びたいと思い、簿記を取りました」このようになぜその資格を取ったのか、またどのように勉強をしたのか、といった経緯や動機が大切です。後者の話し方なら「この人は会計を任される信頼があるんだ」「サークルから勉強しようと思えたんだ」と簿記以上にあなたのことを知ってもらうことができます。また「私は世界遺産が好きで、友人に良さを教えてあげたいと思ったので世界遺産検定を勉強しました」という言い方も好ましいです。見せ方1つで資格は就活に有利な武器になります。

 

見せ方1つで就活は変わる

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_m

今回は「簿記」を始めとした資格のことでしたが、就活は見せ方1つで変わります。私自身就活に資格はそれほど大切でないことを気づいていましたが、資格を武器にできたのは見せ方を分かっていたからだと思います。大切なのは動機や経緯です。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。