元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

【当てはまらないか要注意】大手病にかかる就活生の特徴3つ

c5043648c485566424cbba60f4f2b3a5_m

就活において、あなたは「大手病」にかかっていませんか?大手病にかかっている就活生の特徴を3つご紹介します。自分が当てはまっていないか、要チェックです。

 

 

1.説明会を聞く企業は大手企業のみ

e0e478b1a94f186c8990fd31cf9f1d22_m

合同説明会に参加すると、立ち見がいる企業のブースと、そうでないブースに分かれます。ここで立ち見になるぐらいの企業ばかり回る就活生は「大手病」である可能性が高いです。
あなたは、何を基準にして企業のブースを回っていますか。会社の名前だけにとらわれていないでしょうか。企業を見る際、業界や職種などさまざまな基準があります。そのような基準で見ると会社の規模は多様になることが十分考えられます。例えば食品業界といっても大手ビールメーカーがあれば中堅お菓子メーカーもあり、そのような基準で企業を見ると、さまざまな企業を見る結果になるでしょう。
説明会の段階では、会社に規模にとらわれず広く見ることをお勧めします。

2.選考を受けるのは大手企業のみ

49e89243aaedd68f69b78cec85127c18_m

選考を受ける際、大手企業のみになっていることはないでしょうか。当てはまっていたら、大手病の可能性大です。
多くの就活生は「第一志望群(挑戦), 第二志望群、第三志望群(確実)」ぐらいの割合でバランスよく応募する傾向です。しかし、大手病の就活生は、第三志望群を考えずに臨むことが多いです。もちろん大手病でも大手企業から内々定を得て就活を成功させる人もいます。一方、大手病だとその企業へ行く理由が薄く、全滅する就活生が多いことも事実です。また大手企業の応募倍率が数百倍程度のこともあり、エントリーシートが全く通らず、面接にすら進めないこともあります。
大手病になり受ける企業が狭くなるのは、面接の機会や他の企業を知る機会を失うことに等しいです。「大手病」になり狭い範囲の企業を受けるのではなく、広く受けることを考えてみるといいでしょう。

3.内定受諾の基準は大手企業

5f6238bad97b4b3e56654fca9afc9ae1_m

ある時期をすぎると内々定企業が一通りそろい、どこにするか選択する必要性が生まれます。その時の基準でなんとなく大手企業を選ぶとなると、「大手病」の可能性があります。
内々定の受諾を考える時、会社の規模(大手かどうか)、面接官の印象、将来性、希望する職種に就けるかどうか、さまざまな基準があるでしょう。多くの就活生は重きの置き方は違うにしろ、さまざまな評価軸を持って内定の受諾先を考えますが、「大手病」の就活生だと知名度だけで選んでしまうでしょう。
結局内々定先を決めるのは就活生ですが、さまざまな基準を持つことをお勧めします。特に面接官の印象のように、面接を受けないと知り得ないことは大切にするとようでしょう。

以上「大手病についてした。

もちろん大手を集中的に受けること自体に問題がありません。ただ、人生一度の新卒就活ほど、広い業種や多様な業界を見られる機会はないでしょう。そのこともふまえ、企業を見る際、「大手病」にならず企業探しをすることを強くお勧めします。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。