就活でワイシャツを選ぶ時のポイント|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

就活でワイシャツを選ぶ時のポイント

就活生へのアドバイスAdvice

就活でワイシャツを選ぶ時のポイント

身だしなみ

リクルートスーツを揃える際に、最低3着は欲しいワイシャツ。衿の形からボタンの色、袖の内側にお洒落な柄が入っているものまで、さまざまな種類のワイシャツがあって目移りしますよね。ワイシャツを買いに来たけど一体どれを選べば良いの?とお悩みの就活生の皆さんに、就活でワイシャツを選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

1. 就活で求められるのはマナー

0fe053dfda8cdc3cf17080eebb7d6a1f_s

街中や雑誌、OB・OG訪問に向かったときなど、お洒落なワイシャツやスーツの着こなしを見て、皆さんも真似したくなりますよね。しかし、残念ながら就活ではお洒落は必要ない、ということをまずは頭に入れておくことが大切です。履歴書に添付する写真や面接時に見られているのは、あなたのお洒落な着こなしではなく、マナーが守られているかという点。特に人気の企業では、就活生が大挙して面接に向かいます。その際、企業人事の担当者は就活生の適性を見定める役目もしかり、むしろマナーが出来ていない人材を落としていく消去法の方が簡単なのです。第一印象はものの3秒で決まるとよく言われますが、ワイシャツはパッと見たとき最初に目に入り、印象付きやすいアイテム。ワイシャツのマナーがきちんとしていれば第一関門クリアでき、相手はあなたの話をやっと聞く態勢になってくれるのです。

 

2. 白シャツを選ぼう

青やピンク、グリーン系や柄入りのワイシャツなど、さまざまな種類のワイシャツが店頭に並びます。では、一体どれを選べばいいの?とお困りの就活生の皆さん、ずばりお答えすると男女ともに「白シャツ」が正解です。昨今ではクールビズを延長する企業が増えたり、オフィス服のカジュアル化が進んでいます。就活生の中にも、清楚感を出すために青系のシャツが良いのでは?とカラーの入ったものを選びたくなる方もいるでしょう。しかし、就活ではとにかく白シャツ意外はNGです。就活ではマナーを守っていることが大前提にあります。リクルートスーツ=白シャツというマナーを守れていないことは、その時点でアウトなのです。

 

3. 衿の形はレギュラーカラーが基本

0a36351e65e5c967b154c543475714ba_s

真っ白のワイシャツが選べたら、おそらく就活生の皆さんが次に悩むのは衿の形でしょう。ワイシャツの衿の形は実に22種類ほどあり、それぞれ印象が全く異なります。パーティーやフォーマルシーン、さらにカジュアル専用の衿の形など、衿の形ひとつをとっても決まりごとがたくさんあるのです。そこで、就活の際にチョイスすべき衿の形は「レギュラーカラー」が基本。レギュラーカラーとは読んで字の通り、最もスタンダードな衿の開き具合、衿羽の長さを持った無駄な装飾のないカラーのことを指します。また、選ぶべき衿の形は体型によって少し異なる場合があります。例えば太めの体型の人が、普通体型の人と同じ衿をつけるとちょっと詰まって見えてしまいますよね?就活で選ぶべき衿に関していえば、マナーを守りながらも体型にあった形をチョイスするのが好ましいのです。ではさっそく、就活で選ぶべき衿の形別に3種類をご紹介しましょう。

 

■ レギュラーカラー

衿の形に迷ったら、レギュラーカラーをチョイスすれば大丈夫。レギュラーカラーを着て面接に落ちてしまった際は、それはワイシャツのせいではありません。レギュラーカラーは、衿羽開きという衿の羽の開き具合が約70度から90度、衿羽長さが約65mmから75mmとなっています。就活はもちろんのこと、さまざまなシーンで使える最もベーシックな衿の形ですので、活躍の場が最も多いカラーでもあります。

 

■ ショートポイントカラー

ショートポイントカラーは、細身体型の方におすすめ。衿羽開きはレギュラーカラーと同じくらいですが、衿羽長さが少々短めにつくられているのが特徴です。

 

■ ロングポイントカラー

ショートポイントカラーの逆で、太め体型の方におすすめです。衿羽開きはレギュラーカラーと同じくらいで、衿羽長さが長めにつくられています。そのため、太め体型の方でも首が詰まって見えず、ゆとりをもって着ているように見えます。

 

以上、3種類の衿の形をご紹介しましたが、こだわりがない限りはレギュラーカラーを選ぶのが無難です。また、ちょっとお洒落に見えるボタンダウンやタブカラーなどの形は、就活の場面では言語道断ですので注意しておきましょう。

ワイシャツはスタンダードが最良

就活の際に選びたいワイシャツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?古くから男性の必須アイテムとして着用されてきたワイシャツには、多くのルールやマナーがあります。そして、日本の就活では日本のワイシャツマナーがあるのです。おさえておくべきポイントは、「白・レギュラーカラー」の2点です。あまりにもシンプルで嫌気がさす方もいらっしゃると思いますが、スーツのお洒落は入社してからじっくり楽しむのも良いですよ。シンプル・イズ・ベストのワイシャツで、面接に通る就活ファッションを実践してください。