元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

一次面接で落ちてしまう人の特徴と対策

e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_w

 面接が複数回行われる際、必ず通過しなくてはならないのが一次面接です。この面接は二次面接や最終面接とは大きく異なります。最終面接だと役員や部長などの採用権限も持つ人が面接するのに対し、一次面接は人事で採用担当や若手社員が面接官であることが多いです。このような相手のいる場合、どのような対策は必要でしょうか。またここで落ちてしまう人の特徴とは。この点について紹介します。

 1.面接の基本ができていない

この可能性が一番高いと考えられます。すべて一通り確認することが必須です。

まずは就活生の見た目全般についてです。一次面接はほかの面接と比べて時間が短いため、第一印象が重要です。髪の長さに問題はないでしょうか、スーツにしわがないでしょうか。細かいことですがこれらの乱れは目立ち、悪い印象を与えます。注意しましょう。

次に入室時です。ノック、お辞儀するタイミング、挨拶から着席までの一連の流れは大丈夫でしょうか。お辞儀のタイミングや着席のタイミングを間違えることが多いようです。ドアの前でお辞儀、椅子の横でお辞儀、着席は面接官から指示があってからです。このあたりは面接の基本でどのような対策本やセミナーで話されるでしょう。ぜひ抑えてください。本番前に何回か取り組むと、当日の失敗を防げます。

また着席時です。座っている際の姿勢、面接官に目を向けているか、手や足の位置などの問題はないでしょうか?面接官に向かって話すことを心掛けましょう。ずっと下を向いているようでは、面接官からの印象がよくないでしょう。

最後に退出時です。起立した後やドアの前でのお辞儀、お礼のあいさつ、ドアを静かに閉めているか、すべてが重要です。ドアを静かに閉められなかったら、面接官に不快でしょう。静かに閉めるため、ドアに手をあてるなどの工夫が求められます。また、お礼のあいさつも一層重要でしょう。面接官の社員さんも普段の業務以外の仕事として取り組んでいます。また面接官は就活生以上に面接を担当しているケースが大半です。気遣いが重要でしょう。

以上面接の基本に問題がある場合についてでした。これらの基本がかけていることによって、一次面接を通過できないのかもしれません。これら内容はすべて面接の対策本に記載されています。確認をぜひ行ってください。

 

 2.会話がそもそも成立していない

一次面接で落ちてしまう理由、次に挙げられるのが、会話がそもそもできていないことです。面接官の質問に対して、答えになっていないことが考えられます。よく質問を聞くとともに、十分な返答が求められます。

 ここでのポイントは2つあると考えています。まず、返答の方法として「1.まず答えを述べ、2.その補足的な内容を後で述べる」というような流れが基本です。いいたいことが伝わらない場合、2.から1.を述べることで、話がよくわからず、面接官の困惑することがよくあると考えられます。そのため言いたいこと、つまり答えから述べるように意識するとよいです。

 また、面接官の質問がわからなかった場合、質問について聞き返すのも適切だと思われます。質問内容がよくわからずに返答することで、会話が成立しないことが多々あります。そのようになって評価を下げるよりは、質問の本質を聞き直して適切な返答ができるとベストです。

 一次面接での返答の方法と質問の意図の汲み方についてでした。これら両方できないと就活生と面接官の会話が成立しません。ぜひ見直しましょう。

 

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_w

 3.部下としたいと感じてもらえない

人事や若手社員が面接官であることを考えると、重要になることです。過去の体験などを就活生が話す際、部下としたら扱いにくそうな経験を話しているかもしれません。特に若手社員でしたら、その就活生が入社後、直属の上司として新入社員の教育係を担当する可能性が高いです。そのときにどのような新入社員なら、さまざまな業務をこころよく教えたいと感じるでしょうか。「素直に聞いてくれる雰囲気か」、「真面目であるか」、さまざまな要素があると思われます。そのため、面接官にチームなどで取り組んだ体験を話す際、自分が先輩に対してどのようなふるまいを取ったか、話すときは要注意でしょう。素直さやまじめさの出るエピソードを話せると、面接官からの評価が上がる可能性が高まります。

一度、上下関係が伴う体験について、自分のとった行動を整理するとよいでしょう。そして、上司の目線にたって、話すべき体験を考えるとよいです。その整理によって、もしかしたら、面接官に話さない方のいいことが見えてくるかもしれません。

 

 

一次面接で落ちる場合の特徴についてでした。

 

6d561157a93b73929e0b2a9ee71f8da2_w

 

説明したとおりですが、企業研究による一次面接が落ちることを考えていません。なぜなら、企業研究が多少浅くても、一次面接は通過することが多いからです。企業研究が浅いと二次面接以降、通過できなくなります。それくらい、一次面接は企業のことよりも、就活生の人としての側面を見ている印象があります。面接に臨む気はあるか、問題なく話せるか、部下にしたいか。その程度しか見ていないでそう、一方、これらがかけることですぐ落ちるのも現実だと感じています。これらすべて入念に準備すれば問題ありません。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。