元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

エントリーシートの自由記述、何を書くべきか

464580fa372b7a2b6c787b2d660030c4_s

■自由記述で見られていること

 エントリーシート・履歴書には様々な項目があります。その中に必ずあるのが自由記入欄です。とはいえ、あなたを自由に表現して下さいと言われても、何を書いたらいいのか迷う項目でもあります。では、どうするかというと、まず、この自由記入欄がどういうもので、企業でどのような位置づけとして見られているのかを知るのが効果的な書き方へと繋げるヒントになります。 企業が自由記述をさせる目的と、企業の採用担当者がエントリーシート・履歴書の自由記入欄から何を読み取るのか把握しておく必要があります。

就活でのエントリーシートが持つ意味は、求める人材にマッチする学生であるかどうかを精査することが1つ挙げられます。一般的な規定があるエントリーシートだけでは、求める人材を見極めるのが難しく、それを補う意味で企業がエントリーシートを独自に作って、求める人物像にマッチしているかどうかを見ているのです。 その中でもエントリーシート・履歴書の自由記入欄は、あなたを自由に表現して下さいとすることで、就活生がどのように自分を自己PRするのかを見ています。自由記述の内容から求める人物をより細かく精査していると言えるのです。

 

■自己分析を書く

 自由記入欄は当たり前ですが自由記述になります。その自由記述をうまく利用して、企業があなたを欲しくなるような内容を書くことが大切です。それには自己分析が決め手になるでしょう。エントリーシート・履歴書の自由記入欄では、自分の個性を思いっきり表現していくのも重要です。

就活のエントリーシート・履歴書の自由記入欄に何を書けばいいのか分からない時は、自己分析の結果を書くのもポイントです。自己分析がしっかりできていれば、企業が求める人物像を示すエピソードや、能力などを自由記入欄に書き込めるはずです。自己分析して出た結果であれば、他の就活生と被る事なく、自分独自のエントリーシートを自由記述で書くことができます。エントリーシートの自由記入欄は、自由記述で個性を表現する絶好の機会とも言えるのです。自分が何を得意なのか思いつかない時は、何を重要視しているのか…、何が嫌なのか…を考えてみましょう。そして、その逆はどうだろうという風に、色々考えていくのも効果的な考え方です。自己分析を踏まえて、就活のエントリーシート・履歴書で企業に自分をアピールすることが大切です。

 

 1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_m

■自分の将来を書く

 エントリーシートの自由記述に書くテーマとして、自分の夢や会社に入った場合に成し遂げたいことなどを書いていくのも、企業へ印象を良くさせるテーマです。但し、この夢や成し遂げたいことをそのままエントリーシートに書くのはNGです。重要なのは、夢を叶えるまでのプロセスを具体的に示すことです。その夢を叶えるためにこういったプランがあるとか、会社で成し遂げたいことを実現するために、どういった準備をしているといった具合に具体的な経緯を示すことも重要になります。漠然とした内容の場合、それをどうしたいのかというものが見えてきません。必ず自分の意思とプランなどを提示する必要があると言えます。

 

c38dbd13a01ec90dfc76072e38f2fc49_m

■まとめ

 エントリーシートの自由記述では、自己分析と将来について書くと良いという説明でした。しかし、これらはあくまでも例の1つです。企業は人物像を見ようとしています。そういう点では、素直に普段から考えていることを書くのも良いのかも知れません。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。