エントリーシートの4つのコツ|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

エントリーシートの4つのコツ

就活生へのアドバイスAdvice

エントリーシートの4つのコツ

アドバイス

エントリーシートを書く際に、何も考えず、就活本を見てとりあえずの文章で書いてはいないでしょうか。そのやり方は、非常に危険です。エントリーシートには、本当に伝えなければいけないこととコツがあります。

 

エントリーシートのコツ1.企業の利益になる人物であることを伝える。

8e74a7646339c35c897a3b48e8edc8f8_s
エントリーシートでは、企業の利益になる人物であると証明することがコツの1つです。
なぜなら、採用にかかる費用は一人につき約100万円と言われおり、これから企業は、あなたに給与を支払うからです。
企業は、その対価を支払うだけの価値がある人物だけ採用したいと考えています。
あなたが全く仕事のできない人物であったらどうでしょうか。採用しただけ、自社が損をすることになります。
このことを忘れずに、エントリーシートで自分のことを伝えてください。

 

エントリーシートのコツ2.読み手がいることを意識する。

 エントリーシートでは、読み手がいることを意識することがコツの2つ目です。
いくら利益になる人物であってもそれが伝わらなかったら意味がありません。読み手が理解しやすいように記入しましょう。
「字は、汚くないか。」「誤字脱字はないか。「主語述語の関係はあっているか。」
相手の気持ちにたってチェックをしてください。

エントリーシートのコツ3.全部を書こうとしない。

386b37d6fb659f2fc27a73d7e5120b73_s

エントリーシートでは、全部を書こうとしないことがコツの3つ目です。
エントリーシートは、文字数が決まっています。そのため、エントリーシートであなたの全てを伝えることはできません。
あなたは、エントリーシートで自分の一部分を説得力を持たせて伝えなければいけません。なんでもかんでも詰め込むのではなく、自分らしさが一番出る部分に絞って伝えてください。

エントリーシートのコツ4.向上するものだと理解する。

 エントリーシートでは、向上するものだと理解することがコツの4つ目です。
エントリーシートで必要なことは、文章力です。すなわち、その能力は、向上します。多くの人に読んでもらい、書き直す。この繰り返しで必ず、上達します。伝わるエントリーシートになるよう努力をしましょう。

 

まとめ

エントリーシートをいきなり書く人がとても多いですが、まずはコツを抑えましょう。今回のことを常に念頭においてください。