元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

既卒の場合の就活の方法と注意ポイント

2a0d11c3d0de488ccafba22a07b1a306_s

なんらかの理由で就職をせずに大学を卒業した方も多くいらっしゃると思います。そのような社会に出てから数年たった既卒の方は、新卒と同じ就活で良いのかと悩んではいないでしょうか。今回は、既卒の就活生に向けてアドバイス致します。

 

企業は、なぜ「新卒」が欲しい?

ec8369280f6fea22424cba0ccdc1e0b1_s

 企業にもよりますが、ほとんどの企業で新卒を欲している現実があるのは事実です。なぜでしょうか。以下2つの理由があると考えています。まず新卒であれば賃金が安くて済みます。人数によっては国から支援金がもらえることもあります。次になんといってもどこにも染まっていない人、つまり扱いやすい人材が企業は欲しいのです。ずるもしない、言うことをまっすぐ聞く人材が新卒の魅力です。既卒で就活する方はそんな人材に勝たなくてはなりません。新卒よりも自分を採用することによるメリットを考えましょう。そのためはになぜ既卒で就活をしているのか明確で筋道の通った理由が必要です。資格を取っていた、ボランティアをしていた、就活に行き詰っていたなど理由は様々だと思います。どれだけ熱心に伝えられるか、そしてどんなことを考え今就活をしているのかをしっかり伝える練習をしましょう。

 

新卒以上の「メリット」とは

 新卒にしてもまず自分を採用するメリットを伝える訳ですが、既卒はさらに「既卒である自分」を採用する「メリット」を相手に伝える必要があります。自分が新卒以上にどのように企業にとってメリットがある人材なのかアピールできなければ採用は難しいでしょう。「○○をしていたので就活、就職していなかった」→「その結果○○ということが取得できた、○○という成果があった」→「その成果は御社で○○な風に活かすことができる」こんな内容が良いのではないでしょうか。「新卒よりも自分の方が、、、」という既卒の自分を下げるアピールではなく「既卒である自分だからこんなことができるんだ!」というくらい既卒だからこそのアピールが前向きにできる就活が理想ですよね。そのためにはしっかりと自己分析をすることが重要ですね!行動だけではありません。どんなことを考えていたかなど紙に書き出してみましょう。

 

社会人の態度で臨みましょう!

851b5e7898f173fcd14791ecbeaf4ec4_s

 既卒の就活はもう大学生ではありません!一人の「社会人」として大人の態度で臨みましょう。大学生中の就活なら「あーまだ学生だもんね」と許されることも多少あるかもしれません。敬語がぐちゃぐちゃだったり話がまとまっていなかったり、、、既卒の就活ではそれは許されません!身だしなみ、言葉づかい、礼儀作法、全て完璧を目指しましょう。面接官に「あーこの人こんなだらしないから新卒で就職できなかったんだな」と思われるような印象は決して与えてはなりません。できればスーツを事前に何度か着て出かけたり、日常からしっかりした敬語を使うなどして社会人の当たり前に慣れておいた方が良いと思います。既卒として堂々と面接に行けるような準備を日常生活からしっかりとしておきましょう!

 

私は既卒の就活って素敵だと思います!

 世の中の流れは学校を卒業するまでに就職先を見つける、という流れがありますよね。私もその流れに乗った1人です。これから既卒で就活される方はその流れを逆流した方々ですよね。なんだかんだ今の世の中は「個」を認める時代に少しずつなり始めていると思います。私は新卒で就職しなかった方をかっこいいと思います。「世の中の波に逆らい自分のやりたいことをやる。」素敵なことだと思います。自分をしっかり見つめ、伝えた結果、理解してくれる会社があればきっとその会社は良い会社でしょう!

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。