元人事・採用担当者が回数無制限サポート、アクセス良好で通いやすい池袋の就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

お問い合わせ 入塾申込 web制作会社へ
就活生へのアドバイス

留年生のための就活攻略マニュアル【心構えと準備】

990b8bdb4deae7af075276bd8e883cee_s

 就活において留年した人は不利なのでしょうか?留年をした人でも良い企業に内定をもらっている人がいるのは事実です。どのような就活の進め方が良いのか考えてみましょう。

 

 

 大前提「留年は不利」です!

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

「就活に留年は不利なの?」という質問があれば迷いもなく「不利」でしょう。もし自分が就活の面接官だった時に、同じような容姿で、同じようなスペックの人がいてどちらか一方を合格にしなければならない時、一方が留年した学生であれば留年していない学生を選びませんか?こう考えると当たり前のことなんですよね。しかしもう留年してしまったのですから、そこをプラスにするしかありません。

人の倍は準備をすべし

53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s

留年生として就活に臨むからには、まず一般の就活生の倍は準備をしましょう。準備というのは具体的に思考力をビジネスパーソン程度に鍛える、企業研究をしっかりすることが挙げられます。
思考力をビジネスパーソンレベルに鍛えれば、即戦力として企業に評価されます。思考力を鍛えるためには、具体的に「書く」「話す」「考える」力を養成しましょう。これらの力を鍛えるためには、頻繁に文章を書くことや(ESをたくさん書いて添削してもらう等で構いません)、読書をすること、頭のいい人と付き合うことを心がけるようにしましょう。これら三つの力は相関性があるので、一つが向上すれば後の二つも向上していきます。一朝一夕に身につくものではありませんが、比較的時間のある留年生だからこそ身に着けることができるものであるとも言えるでしょう。
企業研究に関しては、企業説明会に行くことにとどまらず、多方面からのアプローチをするようにしましょう。例えば、日経新聞の「企業」欄に毎日目を通し、興味のある企業をスクラップする、10人以上OB訪問をする、等の方法があります。こちらも時間的優位性を生かし、企業研究を深めていくことで、他の就活生と差をつけることができます。

 留年から得たことをネタにしよう

95a4ec7f1bc23ff483fe67ed46af174b_s

留年したからには、留年中の話も就活のネタにしましょう。留年には、大きく分けて2種類あると考えられます。「ぼーっとしていたら単位が取れなかった」留年と、「やりたいことがたくさんありすぎて時間が足りなかった」留年です。言いかえれば前者は一般的にマイナス、後者は一般的にプラスです。ここでは、この種類別、就活で使える「留年から得られたこと」を紹介していきます。

「やりたいことがたくさんありすぎて時間が足りなかった」留年の場合

正直この留年はそんなに怖がることはありませんよね。「ボランティアをしていた」「留学していた」などプラスの要素が多いのでそれをありのままに伝えればよいと思います。ただ結果として「○○をしていた」だけでは面接官は「それで?」となってしまいます。気をつけないと勉強するのが嫌で海外に逃げていたのか、就活で留年の理由にするためにボランティアをしていたのか、と思われてしまうかもしれません。しっかりとその経験から何を学び、会社にどう還元できるのか、今後の人生にどう役に立つのかまで伝えましょう。

「ぼーっとしていたら単位が取れなかった」留年の場合

それでは次に「ぼーっとしていたら単位が取れなかった」留年してしまった学生のパターンを考えてみましょう。結論としては、こちらも正直に話すのがベターです。もちろん「学校に行くのが面倒でサボっていたら留年してしまいました」ではだめですけどね。まず留年してしまった事実を述べ、なぜ留年してしまったのか、その留年という失敗で何を得られたのか、それから今どう変われたのか、失敗を乗り越えた自を今後どう活かせるのかということを前向きに話しましょう。具体例や目に見える改善例があると尚良いと思います。
決して嘘はつかずに思いのたけを話しましょう。きっと分かってくれた会社は良い会社です。嘘で塗り固めず自分のことを知ってもらうことが就活において最も大切なことの1つです。

何事もプラスの要素に変える

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

同じ話をしていても話し方1つでその話はプラスにもマイナスにもなってしまいます。「まだ家のローンが残っていてね、毎月毎月支払いが大変だよ」というのと「家のローンが残っているんだ。ローンを早く返すことを目標に毎日頑張っているよ」というのでは同じ「ローンが残っている」という事柄なのに後者の方が前向きに聞えますよね。「留年」というワードも同じだと考えましょう。就活で大切なことはどんなに小さなことでもダイナミックに、尚且つ前向きに話すことです。就活用に「留年の言い訳」を考えている方は「留年で得られたこと」を考えてみましょう。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト 無料会員登録はこちらから
秋冬バナー解像度高

アドバイス一覧に戻る»


就活の悩み、何でもご相談ください。お問い合せやセミナーのご予約もお待ちしています。