面接で緊張しない方法とは|就活塾「キャリアアカデミー」公式ホームページ

面接で緊張しない方法とは

就活生へのアドバイスAdvice

面接で緊張しない方法とは

アドバイス

面接で緊張してしまって言いたいことが上手く言えなかった、といった経験はないでしょうか。面接で緊張しない方法、良いパフォーマンスを発揮する方法を紹介したいと思います。

 

緊張してしまうことをポジティブに捉える

de2bb400267029ae8d2e905bd3ba6aa3_m

 面接で緊張しない方法の前に緊張に対するイメージを変えましょう。そもそも緊張が必ずしも悪いとは思いません。適度な緊張は良いパフォーマンスを発揮させます。アスリートと同じです。しかし、たいていの人は緊張しすぎて空回りしてしまうことが多いだけです。そのため緊張に対してネガティブになっている人が多いのです。緊張するということは、面接の重要性を理解していて、本気になっていて、さらに向上心もあるという証拠です。むしろ全くしないという人の方が心配になります。緊張にはそういう側面もあると思うので、なるべくポジティブに捉えましょう。そうすることで少し気持ちがほぐれます。これも一種の面接で緊張しない方法、和らげる方法になるでしょう。

 

緊張と向き合う

 面接で緊張しやすい人はまずその事実と向き合いましょう。逃げているといつまでたっても克服できません。まずは自分の緊張状態を把握できるようになりましょう。あ、今緊張している、落ち着いてきたとか緊張に意識を向けてみましょう。その上で面接や面接練習に挑みましょう。そうすることで自分の程よい緊張状態がわかってきます。それがあなたの最も集中力が高いタイミングです。なるべく面接のときに自分をその状態に持って行けると完璧です。面接で緊張しない方法というより程よい緊張を保つ方法と考えてください。緊張しすぎた時に自分を落ち着けましょう。落ち着ける方法、面接で緊張しない方法は人それぞれです。呼吸を意識する人やストレッチするなど色々考えられます。自分はミント系のものを口に入れ、深く深呼吸していました。自分にあった方法を探してみてください。

 

とにかく慣れる

8778b49e45e2e18c03357dc3de1bcbca_s

 面接で緊張してしまう人は、とにかく場数を経験してください。その時上記を意識できるとなおよし。はじめは緊張して何も考えられないかもしれませんが、だんだんと慣れてくることによって考えられるようになります。そうすることで緊張をコントロールできるようになってきます。慣れこそが誰にでも共通する最強の面接で緊張しない方法です。面接に余裕が感じられるほど、受けてみてください。また、慣れるという練習もその一つですが準備をしっかりするというのも、面接で緊張しない方法です。自己分析や企業研究がしっかりできていて、質問も準備してという状態と、ぶっつけ本番で面接という状態では天と地ほど緊張度合いが変わります。プレゼンも練習をしっかりやっている場合とぶっつけでやる場合で緊張の仕方が変わりますよね。スポーツだって、音楽の発表会だって同じです。練習をしっかりやり、自信が持てれば緊張しすぎることはありません。

 

自信を持ちましょう

 努力は無駄にはなりません。面接の経験をコツコツ積み重ね、慣れ、面接までにしっかり準備を行うというのが一番の面接で緊張しない方法です。近道はないと思って、一歩一歩進んでいきましょう。気長に頑張りましょう。